岩手県滝沢村・ボードゲーム関連の話題
by kubota_ya
カテゴリ
岩手県滝沢村
岩手県盛岡市・その周辺
岩手県内・東北地方
ボードゲーム・レビュー
ボードゲーム・プレイ記録
ボードゲーム・コミュニティ
オンライン・フラッシュ
その他
タグ
最新の記事
以前の記事
リンク
タグ:渋谷ボードゲーム会 ( 1 ) タグの人気記事
東京は暖かかったょ。
所用で上京。
12月5日(水)はMechDARIUSさんGS柏木で開催されている
バトルライン例会へ初参加。

バトルライン

9個のフラグを3枚のカードで役を作って取り合う
熱く痺れる2人用カードゲームです。

メンバーが集まるまでキャントストップなどをやり、
その後メンバーの3人のかたとバトルラインを計7戦。結果2勝5敗。
リアルカードでやると見落とし多く実力の差が如実に現れるような気がしました。
精進してまた挑戦に行きたいと思います。
メンバーの皆さん遊んでいただきありがとうございました。

[参考リンク]
MechDARIUSのバトルライン日記
battle line diary(^^;

12月8日(土)はめらおさん主催の渋谷ボードゲーム会(しぶぼー)
縁あってお邪魔。午前中より夕方までたっぷり遊ばせていただく。

1)ダンシング・ダイスEJF](3)

軽・楽・美、三拍子揃った好ダイスゲーム。サイコロ6個をじゃらじゃらと振り、
1回だけ好きな個数だけ振りなおすことができる。基本は目の総和での勝負だが
小さい目には強い役がありとても上手く出来ている。
今回3人でプレイしてみて、6個役を作った人は脱落者の人数に含めてからセーフでいいことに気がついた。目の小さい6個役は自分は落ちないが、相手を失格させるだけの強さはないということで自己解決。
投げ売り品を入手されたそうである、サイコロが計39個も入ってとてもお買い得
ダンシング・ブラフもできちゃうしw。

2)マンマミーヤ[EJF](4)

順番にピザのトッピングのカードを出してピザを焼くカードゲーム。
一見、記憶力が必要なゲームと思われそうだが、これほとんど記憶はいらないんじゃないのかな、直前に置かれたのを大体覚えていて、あとは適当に出来そうなピザのレシピのカードを放り込めばいい感じ、お気楽でとても面白いゲーム。

このへんでお昼。納豆定食専門店という信じられないジャンルの『ねばり屋』さんに連れて行っていただきました。

3)スイム[EJF](6)
手札3枚を早く揃えてSOSを発信。一番点数の小さい人がいかだの丸太を失い、
溺れてしまったら負けのカードゲーム。

一度はプレイしてみたかったゲーム。出会えて感激。
初手番では2枚揃ったら即SOSを発信するのが好プレイなのかな?

似た感じの最近のゲームでは「バンジー」が面白いみたい。今度買おうか。

4)ヤヌス[BGG](6)
カードの表裏にマークがあり同じマークを3つ揃えるのを3セットつくる。
自分のカードの裏は自分では見ることができず、全員の相手に見えている。
また自分は全員の相手のカードの裏が見えているという不思議な感じのゲーム。
ガチでやったら終束しないのかも。どうしても相手の上がりを邪魔しなければならないというお仕事感がちょっとマイナス要素かな。この辺りのルールの改良できれば面白いかも。

5)ビバ・トッポ[EJF](3)
ねことネズミの大レース

ネコの進む升目が絶妙で、ちょうどネズミがゴールできるかどうかのタイミングでネコに食べられちゃうように構成されているのが素晴らしい。

6)アルハンブラ[EJF](4)

4種類のお金を貯めてアルハンブラの宮殿を建設するゲーム。
ぴったりの金額で購入できるともう一手番できるので今回はそこを狙って頑張ってみたがなかなか続かず。紫の建物を建てていくのが王道なのかな。
ちょっと壁ルールの条件がきついと思うので元ゲームの「StimmtSo」をどこかでプレイをして違いを感じてみたいなー。

ここで、日も沈み夕方に。会は夜の部もありますがここでお先に失礼させていただく。めらおさん、みなさん、どうもありがとうございました。

そして、なかよし村へ移動。今週はボードゲームの週なのでPM6時から。
新作のゲームをプレイ。

1)ゴキブリサラダ[BGG](5)

言葉のアクションゲーム。
思わず「キャベツ」なんて言ってしまう人とプレイするととても楽しいゲームだと思います。

2)エスカレーション[EJF][BGG](5)
場に出されたカードより大きいカードを手札より出す。
出せない時は場札を取り失点となる。誰かの手札がなくなった時に
一番取った場札の少ない人が勝ちというカードゲーム。

単純にして簡単なゲームだがなかなか勝てない。絶妙なカード配分に感嘆!。

3)ダージリン[メビウス][BGG](5)
紅茶を仕入れて船で出荷してポイントを稼ぐゲーム。

とにかく、得点のカウントが煩雑に発生。細いこと気にしなければ^^最初の手番の差を調整するための舟に1個載せるのはなし。手番の最初に得点入れるのはやめて全て手番の後に入ることにする。出荷した手番では出荷したポイントが入り、その出荷船のポイントは入らないでいいんじゃないの(あるいは先に舟のポイントを入れ、その後出荷して出荷ポイントを入れ船をずらす)。題材とゲームバランスはいいようなのでそこの部分だけが残念ポイント。

というわけで、草場さん、みなさん、今回もお世話になりました。
また、よろしくお願いします。

お礼に本の宣伝をしておきます(笑)。

夢中になる!トランプの本(草場純著・主婦の友社・¥1,155)

【絶賛好評発売中】盛岡でも売っているかな?
[PR]
by kubota_ya | 2007-12-05 00:00 | ボードゲーム・プレイ記録