岩手県滝沢村・ボードゲーム関連の話題
by kubota_ya
カテゴリ
タグ
最新の記事
以前の記事
リンク
盛岡ボードゲームクラブ(第1回)@盛カル
10月8日に盛岡駅西口にあるアイーナで初開催された
盛岡ボードゲームクラブに行って遊んできたゲームのレポです。
(()プレイ人数)

1)バトルライン(2) (インスト)

最近の2人用のお薦めはこれ。着々と布教活動中。好評なようで嬉しい。
[参考リンク]
MechDARIUSのバトルライン日記

2)クライネフィッシュ(5)

5人プレイでもOKそうだ。
大人がやるには取った魚カードを覚えてやる(取ったカードは裏にしてみない)位の方がいいかもしれない。 といいつつも子供の方が強かった。

3)ズーロレット (5)

バリアントの特別檻ありバージョンで、特別檻とると却って勝てないみたい。
ひとりで同じ動物の檻を2つ作ったのは失敗。

4)アウグスブルグEJF](5)

ボードゲームタイトルの「ア」からアイウエオ順に1個1個プレイしていこうというマラソン企画の第一歩。果たして何歩進めるか(笑)
ゲームの背景とシステムとのつながりはよく理解していないが、^^
先に進む人ほど高い金額を払わないと進めない勝利点を足止めする関所のシステムはよく出きている。競のシステムもレイズした人は全てコールかパスで回ってきたら再レイズできないというのもアウグスブルク競システムとして他で使えるのでないか。
で一応気になったルールの確認
・5人目の貴族の競は色は問わないが同じ色の貴族のカードが何枚あるかで競るのでは?何でもありだと手持ち枚数勝負になって、なんか粗い気が‥。
・教会、ドームの建築は役職を増やす特権でなくとも、どれか一つの特権を消費すれば建設できるのでは?メビウスのレビューを読むとそんなニュアンス。
まぁ、噂で聞いた、競のカードオープンで負けた場合もカード没収という間違いに比べれば小さな問題ですが。(笑。

5)人狼(14)

また狼。 狼率高し。例によってバレバレの占い詐称で、見事本物占い師を狼指名^^。
占い師は2名両吊りになるものの残りの狼が頑張り、狼の勝ち。

6)バルバロッサ(6)

今回は「ペットボトル」と「△定規」を作りました。
最後にブラックボックスを使いきれず2位。(最後まで何だか判らなかった><)

7)ダンシング・ダイスEJF](5)

今回は目に恵まれず早々と脱落。やはり6個役ができた場合誰も落ちない場合が
発生することがあるというのが気になる。今回は4人残りで2人落ちだが
2人が目の低い6個役、そうなると誰も落ちない??それでいいのかな?。

8)SET(5)

これも何人でも出来るパズルゲーム。やはり所有者の人が強いみたい。
こちら練習しようー。

9)くじゅろく(3)

「SET」で使った頭を冷やすために「くじゅろく」を。
子がたて続けに「サンヤク」「シヤク」「ダンジョオ」をつくり3ディールで終了。
役が出来るかどうかのドキドキ感とゲームのスピード感がいいですね。

10)将棋(2)

今回は飛車落ちでお相手○。とりあえず早めに飛車先や角道を開けられるようになろう。
だんだんと強くなるよ。

11)ルールの達人カワサキファクトリー)(5)

数字カードとルールカードを1枚ずつ出して、ルールを達成させた数を競うカードゲーム。
ルールの達成条件のバラエティのバランスがよく取れている。
定番化の製品になってもいいのではないでしょうか。

12)7/24(3-4)

列の総和が7or24、または3ペアやストレートになるようにタイルを置いて得点していくゲーム。
今回は4人用ペアゲームでは、手番の前に、タイルを1枚づつ交換というルールで行う。
また、3人がそれぞれ縦、横、斜のラインで得点するというゲームや、
4人でさらしてあるタイル取る順番を入札してタイルを取っていくというゲームもある。
こちらは石の握りだけではなくハゲタカカードを使ってカード使いきりでの入札方式
ではどうだろうか?5人でもいけそう。いろいろ出来てお得なゲームですね。

別卓では、大聖堂・クラウド9破滅の13R-ECOラミーキューブはげたかの餌食
スコットランドヤードなどがプレイされていたようでした。
特にクラウド9は大盛り上がりだったようです。

主催者様、遠征組のみなさん、お疲れさまー。
どうもありがとうございました。みなさんまた遊びましょう。^^
[PR]
by kubota_ya | 2007-10-08 00:00 | ボードゲーム・プレイ記録
<< オンライン・フラッシュ2007... 盛岡思考遊戯倶楽部@滝沢村(第7回) >>