岩手県滝沢村・ボードゲーム関連の話題
by kubota_ya
カテゴリ
タグ
最新の記事
以前の記事
リンク
スリートリックス

スリートリックス

 最近、新宿の柏木でよくプレーされているトランプゲームの、スリートリックスを紹介します。
トリックテーキングゲームですが、トリックテーキングの入門としていいかも知れません。簡単なルールで手軽で面白いと思います。

 4人限定ゲームです。
 使用するカードは52枚の普通のトランプ1パックです。
 最初のディーラーは適当に決めます。以後時計回りに左隣へ交代し、4人がディーラーを勤めたら終了です。つまり4ディールで1ゲームです。
ディーラーは一人13枚になるように全てのカードを配ります。
プレーはディーラーの左隣からです。
 ディーラーの左隣は手札から1枚出します。
 そうしたら時計回りの順に、出された(リードされた)カードと同じスート(マーク)のカードを出していきます。これは義務で、わざとほかのスートのカードを出すのは反則です。(同じスートのカードが手札にない場合に限って、ほかのスートのカードを出す。これを捨て札という。)
4枚出揃ったら、リードされたスートの中で最も強いカードを出した人が勝ちます。勝った人は4枚のカードを一まとめにして手元に置き(これを「1トリック勝った」と言う。)、次のリードをします。なお捨て札は絶対にトリックに勝ちません。またこのゲームでは切り札はありません。(ノートランプ)
 このようにして13トリック行います。
 カードの強さは、強い順に、A>K>Q>J>10>9>8>7>6>5>4>3>2 となります。
 13トリック終わったら採点します。

0トリック勝ったら・・・-3点      (-5点)
1トリック勝ったら・・・+1点
2トリック勝ったら・・・+4点
3トリック勝ったら・・・+9点
4トリック勝ったら・・・-4点
5トリック勝ったら・・・-5点
6トリック勝ったら・・・-6点
7トリック勝ったら・・・-7点
8トリック勝ったら・・・-8点
9トリック勝ったら・・・-9点
10トリック勝ったら・・・-10点
11トリック勝ったら・・・-11点
12トリック勝ったら・・・-12点
13トリック勝ったら・・・-13点

 こうして4ディールやって合計点で、最終順位をつけます。
なお、0トリック勝ったとき、つまり1トリックも勝てないときに-3点ではなく-5点にするのが柏木方式で、この方がゲームバランスがいいので、おすすめです。

 このゲームは1991年に考案したとなっています。私の作品の中でも、セカンドについで気に入っているゲームです。手軽で面白いので、私が言うのもなんですが、お薦めです。

 このゲームは、ポイント、マイトランプ、セイムデュース、ハイロウブリッジなどとともに十把一絡げで考えたものです。でも結局成功したのはこれだけのようです。

 ルールは別のところにあるので、省略して、発想の元だけを語ります。
 と、言っても実は簡単です。ブリッジで言うところの4333のディストリビューションが、発想の全てです。4人で13枚ずつの手札なら、3トリックまでをプラス点4トリック以上をマイナス点にすれば、必ず誰か一人はマイナスになるので面白かろうと思いました。4トリック以上の点は即座に決まりました。そのままマイナスにするなら覚えるのも簡単です。スリートリックスという名称も即座に決まりました。当然3トリックを目指すゲームです。プラスの点は自乗にしました。1,4,9というのも覚えやすいでしょう。0トリックで逃げられてはつまらないので、マイナスにします。当然存在しないマイナス点の最大の-3点としました。
 出来上がるとその美しさに一人でほくそえみました。ところが今当時の記録を見ると、右隣に2枚回してから始めるとなっていました。でもこれも面白いかも。強い手は弱く、弱い手は強くなりそうなので、公平かも知れません。また、配るのに先立ってカードを1枚表にして切り札を決めても良いかも知れないとも、書いてありました。これをやってみても面白いかも知れません。でもそうなら、初めから切り札はスペードなどと決めておいても、いいかも知れませんね

(ゲームフォーラム@nifty:草場純さんの発言ログより転載

[PR]
by kubota_ya | 2008-06-30 00:00 | ボードゲーム・レビュー
<< フォーラム@nifty終了の1... 盛岡思考遊戯倶楽部@滝沢村(第... >>